小学生クラス


徹底した発音指導や英語のリズム/強弱のトレーニングを通じて、英語の口と耳を作ります。また、外国人の先生とのやりとりの機会をたくさん設け、「わからないことがあっても、あきらめずに理解する力」と「積極的に英語を使おうとする姿勢」を育んでいきます。
さらに、「できるようになるまで自分で努力すること」を促し、その努力が報われて、英語の勉強は「おもしろい」と感じてもらえるように指導していきます。これが中学からの英語学習を支える大きなエネルギーとなります。

小学5年生


徹底した音声指導によって、基本的な音声(発音・リズム)を聞いてわかる、自分で言えるようにしていきます。

また、段階的に文字指導を取入れ、文字を見て簡単な単語を読み、書くことができるように指導していきます。授業で習ったことを、オリジナルCD教材を使って毎日復習することがご家庭での課題です。

■指導の特徴 (2018年度から授業時間を90分に伸ばしています)

1)語句・文を音声で指導します。

 アルファベットを正しく発音することができ、身の回りのものや数字を正しい発音で言うことができるようになります。

 あいさつを含め、2~6行くらいの会話を覚えて言うことができ、英語の歌や絵本など簡単な英語を聞いてまねることができるようになります。

2)簡単な英語を使って発展できるようにあいます

 自分のことを5~6行の文で言うことができたり、英語の絵本や詩を覚え、みんなの前で発表することができるようになります。

3)外国人と積極的にやりとりする機会を設けています

小学5年生

曜クラス 午後4時50分~620(満席)

火曜クラス 午後450分~620分 

金曜クラス 午後450分~620

 


小学6年生


授業で頻度の高いやさしい短文や会話を学び、それをご家庭でオリジナルCD教材を使って練習してきてもらいます。文字学習、基本的な文法学習も少しずつ入り、中学からの英語学習に備えます。

 

小学6年生のクラスは、1年間で下記のことを目標にすすめていきます。

1)会話文を聴き、それを英語らしい発音とリズムで音読したり覚えて言うことができる

2)英文を自分の力で読むことができる

3)英文を作り、自分や自分の周りの人のことについて、みんなの前で説明することができる

4)外国人に自分で考えた質問をしたり、外国人からの質問にも躊躇せず答えることができる

5)自分で書いた詩やお話をみんなの前で発表することができる

6)言えた、読めた英文を書き写したり、暗写することができる。

■2部構成、複数講師による授業

小学6年生からの授業は、表現・文法(読み書き含む)クラスと応用・発展クラスの二部構成(各60分)でバランスよく教える仕組みをとっています。

小学6年生クラス(2020年度)

月曜クラス 午後5時30分~7時30分(満席)

火曜クラス 午後5時30分~7時30分 

金曜クラス 午後5時30分~7時30分