創立者と一緒に仕事をしてきた講師達の目から、創立者の思いをご紹介いたします

受験英語は子供を脅して教えているようなもんだ

 私は下郡先生から、いろいろなことを学んだが特に気に入っている言葉がある。「受験英語は子供を脅して教えているようなもんだ」つまり、試験に出るからこれを覚えておけ、というスタンスが「使える英語」「意思伝達のツールとしての英語」を学ぶ足枷となっている。初めて先生に会ったとき、先生は中学2年生のクラスで使用している「Unexpected Kindness」と「School Uniform」というスピーチ教材を私に見せてこういった。「これだけ覚えれば話せるようになる」つまり「子供が使うことを前提として英語を教えている」のだ。

学院の設立

 大分大学教育学部(現教育福祉学部)付属中学校で英語を教えていた下郡紀生先生(以下、下郡先生)は教育現場で、「平等、平等」という言葉に疑問を覚えていた。「平等」を強調し、成績下位の者をいつも考慮に入れるのはいいが、それでは、成績上位の者が「平等」の名のもと、より高い内容を習う機会を逸しているのはどうしたものか。下郡先生は制約の多い学校現場を脱し、自分で学校を作りたいと考え、1975年に下郡英会話学院を立ち上げた。現在の生野学院(料理と洋裁の学校)ビルが出来る前のことで、当時は生野学院の洋裁の教室で使用のマネキンが教室に有る中で授業をしたそうである。

徹底した音声訓練

 学院の主な柱は中学1年生から高校1年生。4年間で英語の基本を身につけ、大分から出た彼らが東京や大阪に行っても、英語では引けを取らないようにという下郡先生の思いがある。毎日ラジオから流れてくるNHKの基礎英語が主要教材である。特に、中学1年生は「基礎英語」のみを勉強する。ラジオを毎日聴き、一週間分の会話をすべて(音声と文字の両方)覚えてくることが授業参加への条件である。毎回授業の初めにテストがある。会話の中から5つの文が選ばれ、日本文を英文にするテストである。覚えてきたものは出来、そうでないものは出来ない。遅れてきたものはテストを受けられない。

下郡先生の授業

 下郡先生の授業が始まる。通常一クラス34~35人。大人数のクラスだが、その週の内容についての基本的事項の説明とまとめが行われる。約70分間の授業。説明とまとめといいながら、実は、生徒が家でどれだけ勉強してきたかがその授業で露呈される。勉強してきた生徒は教師の発問の意図がわかり、得意げ。勉強の足りない生徒はいつ当てられるかとドキドキ。

 70分間休憩なし。通常の中学校は1時間の授業が50分。4月、5月の頃は、集中力が70分持たない生徒もいる。が、そのような生徒に邪魔をされることもない。次第に、70分が普通になる。教える側も気を抜けない。生徒に背を向ける時間を極力短く。しかし、板書はきちんとする。チョークの色の使い分けをし、要点をしっかり把握させる。後で復習できるようにするためだ。板書をしたものは、正しい発音で大きい声で繰返させる。頭と、手と、口を使って文法事項の徹底理解を図る。褒める言葉も忘れない。

 後ろで他の講師が下郡先生の授業を見る。彼の発問、指名された生徒の名、発問に対する生徒の答えを細かくノートにとる。毎日が教育実習の日々。見せるほうも、見るほうも必至。現学院長の佐藤裕之の当時のメモが今も残っている。