よくあるご質問をQ&Aとしてまとめました

Q1.課題となる英文の暗唱が大変だという声を聞きます。                            わが子は大丈夫か心配ですが、相当な頑張りが必要でしょうか?

 中学1年生クラスは、音声教材の自宅での暗唱、暗写が毎週の課題となります。これまでにこういったことを経験してないお子さんは最初は大変かもしれません。慣れるまでは何でも大変ですが、課題の会話文を覚えてくれば、授業を楽しく受けられるようにしています。だんだんと苦ではなくなってくると思います。

 この時期に頑張ることで、お子さんが秘めている潜在的な能力を発揮させるきっかけとなってくるのです。大人が思うよりも、子供はいろいろな力を秘めています。そうはいっても、まだまだ自分だけでは挫折しやすい時期です。特に中学1年の1学期は保護者の方の目配り、サポートによって継続させて習慣化することが必要だと思います。ご家庭でのご支援をしっかりお願いいたします。

Q2.うちの子は、毎日学習する習慣がついておらず暗記も苦手です。ついていけるか心配です。

 毎日覚えることの方がまとめて覚えるより楽です。一週間毎日覚えてみて、学院で授業を受けていくと覚えることの大切さがわかってきます。だいたいのお子さんは、最初は暗唱、暗写に苦心しますが、続けているうちに慣れて楽になっていっています。毎日学習をしない原因がどこのあるのか、確認することも大切です。

Q3.NHKラジオ基礎英語から、オリジナルの音声教材に変えたのは何故ですか?

 オリジナルの音声教材に変更した理由は、NHKラジオ基礎英語の内容構成が変わり学院の指導カリキュラムと合わなくなってしまったからです。

 以前は、学院の指導カリキュラムと同じように文法や構文が段階的に出てきていましたが、そうではなくなっています。会話場面の登場人物数が多くなり、音声ドリル授業でのトレーニングに使いにくくなっていました。会話の一部を抜粋したりすることで対処していましたが、学習効果を高めるためにもオリジナルの音声教材を作成いたしました。

Q4.毎日英文を聞くことがい良いと聞きますが、どういう指導をされていますか?

 その通りです。英語の音に慣れることは非常に大切なことです。生徒一人ひとりにCDを持たせたうえで、学習チェックカードを配布して必ず聞くことを習慣化させています。